サスペンス

天国と地獄

ジャンル:サスペンス

名セリフ

  • 「誘拐事件てのは全く困りもんでしてね。犯人は人質という切り札を持ってるんです。今も刑事部長からこう言われて来ました。"犯人は挙げなくてもいい、子供さんを無事に助け出す以外のことは考えるな"。それに今度の場合、特に慎重を要します。今までの例では要求してきた身代金の最高は200万。ほとんどが20から30万どまりです。3千万というのは全く桁外れです。まあその点から考えても、犯人は途方もない奴らしい。精神異常者かもしれません」
  • 「人が汗水たらして貯めた金をゆすりとるならまだいい。ただドブへ捨てろと言う。そしてそれを見物してゲラゲラ笑おうと言うんだ。私ははっきり言う。そんなマネはしない。金は出さん!」
  • 「もしもし権藤だ」
    「権藤さん まさか小細工やってるんじゃあるまいな」
    「何のことだ」
    「昼日中にカーテンを閉め切って何やってんだ。今までこんなことなかったぜ」
    「そこから見えるのか?」
    「よく見えるさ。どっからだって見えるよ。丘の上にお高く構えやがって。今日はこっちはうだってるんだ。ここはそれこそ地獄の釜の中さ。不快指数100。でもそっちは冷暖房完備。涼しすぎるくらいだろう。窓を閉めているのは分かる。しかしカーテンまで閉め切ってるってのはどういう訳だ?何をしてるんだ」
    「別に何も」
    「ふん別に何もか。何か企んでる奴は決まってそう言うからね、権藤さん」
    「じゃ、何でもない証拠にカーテンを開けてみせる!」
    「よし、見えた。奥さんと運転手、あんたを入れてそこにいるのは3人だけだな」
    「そうだ」
    「じゃあ話を進めよう」

ストーリー

  • 靴メーカーのナショナル・シューズの権藤専務の所に誘拐犯人からの電話がかかってくる。自分の息子と間違えられ、運転手の息子が誘拐されていた。身代金3千万円を要求される。3千万円の大金は権藤専務の全財産に相当し、近日中に会社内の主導権争いで必要な金であった。

見所

  • 自分の社会的立場と人命の選択の苦悩
  • 警察の執念ある行動

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • 権藤金吾(男):三船敏郎
    • 戸倉警部(男):仲代達矢
    • 権藤伶子(女):香川京子
    • 竹内銀次郎(男):山崎努
    • 秘書・河西(男):三橋達也
    • 荒井刑事(男):木村功
    • 捜査本部長(男):志村喬
    • 捜査一課長(男):藤田進
  • 監督:黒澤明
  • 公開年:1963年
  • 製作国:日本映画

5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 5 100.0%
4 点 0 0.0%
3 点 0 0.0%
2 点 0 0.0%
1 点 0 0.0%
投票総数 5 平均点 5




[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2017-07-15 (土) 20:27:27 (342d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社