ドラマ

近松物語

ジャンル:ドラマ

名セリフ

  • 「おさん、おさん!」
    「ああ、兄さん。こんな所から、どないしはったんです?」
    「以春どのは?」
    「お留守やけど」
    「そうか。頼みがある。聞いてくれ!あっちに上がる。 おさん、他でもないんやけど、金五貫ほど、都合てくれないか」
    「そない急に! また、しもく町か柴又で使うたお金でしゃろ?」
    「違う、違うねんて。家を質に入れてもうてその金の利子につまって」
  • 「茂兵衛」
    「はい? ご用でございますか?」
    「昨日、岐阜屋の事を心配してくれたようやが」
    「はい」
    「それについて、頼みたい事があるのや。ちょっと、来ておくれ」
    「はい」
    「みんな、里の恥はさらしとうないのやけど」
    「さようでございますか。岐阜屋も家が小さい。商人にはそのくらいの事はありがちでございます。それで、いかほど御入用で?」
    「あと、五貫目さえあったら」
    「なんや、私はまた、五十貫か百貫のお話かと思いました」
    「そないゆうけど、私がここに来るについても、お金の引け目があったので。旦那様にはつい申し上げにくうて」
    「よう存じております。おこしいれのさいりょうをいたしました茂兵衛でございます。ま、お任せお願いを」
    「無理な事をしてくれては困る」
    「いえ、ご心配はいりません。お家様のためにすることは、つまりは大経師のお家のためでございます。なんとでもして、おつとめいたします」
    「はあ、お前に頼めばきっと聞いてくれると思うたけど、こないに気安う引き受けてくれるとは思わなんだ。おおきに、おおきに」
  • 「おさんさん。お覚悟はよろしゅうございますな」
    「私のために、お前をとうとう死なせるような事にしてしもうて。許しておくれ」
    「何をおしゃいます。茂兵衛は、喜んでお供するのでございます。今輪の際なら、罰も当たりますまい。この世に心が残らぬよう、一言お聞きくださいまし。茂兵衛は、茂兵衛はとうから、あなた様をお慕い申しておりました」
    「ええっ! 私を?」
    「はい。 さあ、しっかりと、しっかりと掴まっておいでなさいませ。さあ・・・ おさんさん。どうなさりました? お怒りになりました? 悪うございました」
    「お前の今の一言で、死ねんようになった」
    「今更何をおっしゃいます」
    「死ぬのは嫌や! 生きていたい! 茂兵衛!」

ストーリー

  • 京都の大経師(大商人)の主人の若妻おさんは、兄の借金の相談を、手代(使用人)の茂兵衛に託す。おさんに恋していた茂兵衛はそれを引き受けるが、金の工面に失敗し、店の主人に不義密通の疑いをかけられて、おさんと茂兵衛は逃走する。

見所

  • 美しい映像
  • 命をかけた恋

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • 茂兵衛(男):長谷川一夫
    • おさん(女):香川京子
    • 助右衛門(男):小沢栄
    • お玉(女):南田洋子
    • 以春(男):進藤英太郎
  • 監督:溝口健二
  • 公開年:1954年
  • 製作国:日本映画

5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 3 100.0%
4 点 0 0.0%
3 点 0 0.0%
2 点 0 0.0%
1 点 0 0.0%
投票総数 3 平均点 5




[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2018-05-29 (火) 16:22:47 (168d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社