ドラマ

生きる

ジャンル:ドラマ

名セリフ

  • 「これはこの物語の主人公の胃袋である。噴門部に胃癌の兆候が見えるが本人はまだそれを知らない」
  • 「しかし、胃癌と分かっいて酒を飲むなんてあんた、まるで自殺も・・・」
    「ところが、死ねません。 ひと思いに死んでやれ・・・ そう思っても、とても死ねない。 つまり・・・ 死にきれない。 私はこの年になるまで何のために その・・・」
    「お子さんはないんですか? 胃が痛むんですか?」
    「いや、その胃よりも・・・」
    「何か。深い事情がおありのようですな」
    「いえ・・・ つまり、私がバカ者なんでして・・・ 私はただ・・・ 自分に腹が立って・・・ 私はつい2〜3日前までは、自分の金で酒を飲んだことがありません。つまり、もういくらも生きていられないと分かって、初めて、その・・・」
    「分かります、分かります! いや、しかし、その酒は無茶ですよ。第一、うまいですか?」
    「いや、うまくは・・・ しかし、時々は胃癌のことも・・・ その、いろいろ嫌なことも忘れますし・・・ この、高い酒を飲むなんて・・・ 今までの自分に面当てにその・・・ 毒を飲んでるような・・・ つまり、つまり・・・ つ、辛いような・・・ い、いい気持ちのような・・・ その・・・」
    「分かりますなあ」
    「いや・・・ どうも」
  • 「あの、私ここに5万円ほどありますが、これをひと思いに使って、その・・・ しかし、お恥ずかしい話ですが、その使い方も分からないので・・・ つまり、ひとつその」
    「私にそれを教えてくれって言うんですか?」
    「はあ、まことにその、ぶしつけな」
    「しかし・・・」
    「いえ、この金は!・・・ 何十年もかかって貯めた金ですが・・・ いや、だからその、今となってはつまり」
    「分かりました。しかしあの、その金はしまっておきなさい。今夜は私がおごります。」
    「そ、そんな!私は」
    「まあ、私に任せて下さい。 面白い・・・ 面白いなんて言っちゃ失礼なんですが、あなたは実に珍しい人物だ。私はね、つまらん小説書いているいい加減な男ですが、今夜は全く考えさせられた。 なるほど、不幸には立派な一面があるって言うが本当ですな。つまり不幸は、人間に真理を教えるんだ。あなたの胃癌は、あなたに人生に対する目を開かせた。 はあ、いやあ、人間は軽薄なもんですな。生命がどんなに美しいものかってことを、死に直面した時に初めて知る。しかしそれだけの人間はなかなかいませんよ。ひどい奴はこの、死ぬまで人生の何たるかを知らない。あなた立派です。その年で過去の自分に反逆しようとしてんだ。私はね、その反逆精神に打たれた。あなたは、これまでは人生の下男だった。しかし今やその主人になろうとしている! 人生を楽しむことってね、これはあなた、人間の義務ですよ。与えられた生命を無駄にすんのは神に対する冒涜ですよ。人間、生きることにこの貪欲にならなきゃ駄目!ね? 貪欲は悪徳に数えられてるがそんな考えは古いんだよ。貪欲は美徳、特にこの人生を楽しもうとする貪欲はね。 さあ、行きましょう!あなたの無駄に使った人生をこれから取り返しに行こうじゃないですか!私はね、今夜あなたのために喜んでメフィストフェレスの役を務めます。代償を要求しない善良なるメフィストの役をね。おあつらえ向きに黒い犬もいる。こらっ案内しろ!」
  • 「いいですか、この銀色の玉。これはあなたです。あなたの命そのものですよ。つまりね、これは実生活でその、自分自身をしめ殺している人達が自分の命を開放する機械。夢想や憧憬の自動販売機です」
  • 「つまり君は、どうしてそんなに活気があるのか・・・ 全くその、活気がある。 それがこの・・・わしには、このミイラにはうらやましい。わしは死ぬまでその・・・一日でもよい。そんなふうに生きて、その、生きて死にたい。そ、それでなければ、と、とても死ねない。つまり、このわしは、何か、何かすることが、いや、何かしたい! ところが、ところが、それが分からない。 ただ、君はそれを知っている。いや、知らんかもしれんが、現に君は・・・」
    「だってあたし、別に・・・」
    「いや、教えてくれ! そ、そうしたら君のように」
    「だってあたし、ただ働いて食べて」
    「そ、それから?」
    「それだけよ! ほんとよ! あたし、ただこんなもん作ってるだけよ。 こんなもんでも作ってると楽しいわよ。あたし、これ作り出してから、日本中の赤ん坊と仲良しになったような気がするの。ねえ、課長さんも何か作ってみたら?」
    「役所でいったい何を」
    「そうね、あそこじゃ無理ね。あんなとこ辞めて、どっか」
    「もう・・・ 遅い・・・」
  • 「いや、わしは人を憎んでなんかいられない。わしには、そんな暇はない」

ストーリー

  • 定年間近の公務員の渡辺勘治は、胃がんで後半年の命である事を知る。
    今までの無意味な人生に絶望し、会社を無断で休み散財し遊びに耽るが気が晴れない。そんな時、部下のとよに会い、生き生きした姿に心を奪われる。

見所

  • 単調で目的のない人生への後悔
    生きる意味

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • 渡辺勘治(男):志村喬
    • 小田切とよ(女):小田切みき
    • 渡辺光男(男):金子信雄
    • 野口(男):千秋実
    • 大野(男):藤原釜足
    • 木村(男):日守新一
    • 小原(男):左卜全
    • 坂井(男):田中春男
    • 渡辺たつ(女):浦辺粂子
  • 監督:黒澤明
  • 公開年:1952年
  • 製作国:日本映画

5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 13 86.7%
4 点 2 13.3%
3 点 0 0.0%
2 点 0 0.0%
1 点 0 0.0%
投票総数 15 平均点 4.9




[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2018-08-01 (水) 14:25:09 (83d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社