ドラマ

ギルバート・グレイプ

ジャンル:ドラマ

名セリフ

  • 「ギルバート、来たよ!あれだ! 見て!あそこだよ! アハハ! ギルバート、あそこだよ! ホーンを鳴らして!鳴らして!アハハ!」
    弟のアーニーはもうじき18歳の誕生祝いを迎える。毎年、道路を走るトレーラーを見に来ている。彼らは通り過ぎるだけだ
    「アーニー、大きくなったな。もうおぶえない」
    「違うよ、兄ちゃんが小さくなってんだよ。どんどん小さく縮んでるよ。兄ちゃんはどんどん縮んでる。縮んでる!縮んでる!」
  • エンドーラ。この町の名だ。音楽なしでダンスをするような寂れた町。いつも眠っていて、建物などは永遠に変わらない。僕の働いている食料品店だ。だけど皆は国道沿いの大きいスーパーに出かけていく
  • これが僕の家。パパが建てて今は僕が手入れをしている。10歳までもたないと言われた弟はその年を超えて、医者は"先はない"と言っている。この先どうなるのか。かわいそうな弟
  • 姉のエミーは母親役だ。小学校の食堂で働いていたが、去年火事で焼けた。妹のエレンは15歳。歯のプレース(矯正器具)を外したばかりで"ウーアー"と言っている。歯の感触に慣れていない
  • 兄貴のラリーは家を出た。そしてママ。この地方の一番の美人だった。パパが17年前にあの世へ行ってから食べ続け、7年もの間、一歩も外へ出ていない
  • 僕はギルバート。ギルバート・グレイプ
  • 「アーニー、ママを心配させないで」
    「アーニーはママを心配させないよ。ちゃんと側にいるよ」
  • 「お袋さんは?」
    「太ってるよ」
    「そんな言い方はよせよ、ギルバート。収穫祭でもう少し太ってる男を見たぞ」
    「もう少し?」
    「上には上がいるもんだ」
    「お袋は鯨さ」
    「散歩させろよ」
  • 「アーニー、ダメよ!行かないで! アーニー、また叱られるわよ!やめなさい! 降りなさい、降りて! 登っちゃいけないのよ、分からないの?」
    「登りたいんだよ」
    「アー!」
    「エレン、よせ! アーニーに触るな!」
    「登ろうとしたのよ!」
    「お前はあっちに行け。行け! アーニー、どうした?ケガをしたのかい? 血が出てるぞ! エレン、血が出てるぞ!」
  • 「忘れるなよ。誰かがお前を殴ったり、指一本お前に触れたりしたら、お前はどうする?ん? おれに言うんだぞ。おれが相手をやっつける。なぜか分かるか?」
    「ギルバートは兄ちゃんだから」
    「その通り。誰にもお前をいじめさせないぞ。キャンディを取っていいぞ」
  • 「あなた、見逃したわ」
    「何を?」
    「日没よ。すてきだったわ。 あなたの家を見せて」
    「やめとけよ」
    「見るだけよ、いいでしょ? 私の両親は離婚したの。二人の間を往復して引っ越しばかりしてたわ。でも、私の人生だからそれでいいの」
    「僕もよそへ移りたいけどお袋が家を離れたがらないんだ。離れたがらないんではなくて家にくっついてるんだ」
    「どういう意味?」
    「あれだよ、ぼくの家だ。 驚いたな。遠くから見るとあんなに小さい。中の人間は大きいのに。 テレビで浜に打ち上げられた鯨を知ってる?」
    「知ってるわ」
    「それがぼくのお袋さ」
    「お父さんは?」
    「それはまたいつか話すよ」
  • 「一体どういう事?」
    「ギルバートの責任よ」
    「ママ、溺れて死にかけたよ、溺れて死にかけた!」
    「アーニー、死にかけたけど助かったのよ」
    「もうお風呂は嫌い・・・」
    「18歳を迎えさせてやって!」
    「食事の準備ができたわ」
    「ギルバート、最近のお前はヘンよ。しっかりして!ギルバート」
    「謝るよ、ママ」
    「謝るだけじゃ足りないわ。頼りない子ね」
  • 「あなたの望みを思い浮かべて。いい? じゃあ、あなたの望みは? 早く!」
    「新しいものを−新しい家を僕の家族に。 それからお袋にエアロビクスを。 妹が大人になる事。 アーニーに新しい脳を。 それから・・・」
    「自分には? 自分の望みは?」
    「いい人間になりたいね。 ハハッ、こういう事は苦手だね。アーニーはどこ?」
  • 「保安官、頼みます」
    「廊下で待って下さい」
    「順番を待ちなさい」
    「そう言わないで」
    「おいっ! 廊下に座って順番を待ちなさい」
    「ジェリー! ジェリー! ジェリー! ジェリー、息子を返して」
    「手続きがある」
    「イヤよ 返して! 息子を返して 私の息子よ! 返して!」
  • 「あたしの太陽!よかった! もうどこにも行かないで、いいわね? もう大丈夫よ、帰りましょう」
  • 「私を引き止めたい?」
    「いいや 行くなら行けよ」
    「それじゃ これでお別れ?」
    「行かなきゃ −気をつけて」
  • 「ママの食費を稼がねば」
    「あなたのせい?」
    「ママは何年もショック状態だったんだ。おやじが別れも言わず、ある日、突然− 消えた。 地下室で首を吊ってた。ママはそれから・・・ ママは昔は美人だった。とても美人だった。陽気で・・・」
    「じゃあ、お父さんのせい?」
    「いいや。おやじは何を考えてたのだか。彼は感情を表した事がない。子供と一緒に遊んだ事もなく、笑ったりうれしそうな顔もせず、怒りもせず− 無表情だったね。最初から死んでるようだった」
    「そういう人、知ってるわ」
  • 「ギルバート、あなたはどうするの?」
    「ええと、その・・・」
    「考えてない? かわいそうに。ここにいて、自分を捨てて皆の世話?」
  • 「時々思うの。うちの子たちも、いつかあなたのようにと。 あなたのように育ってくれたらうれしいわ」

ストーリー

  • 舞台はアメリカの片田舎のアイオワ州エンドーラ。
    主人公のギルバートは家族の為だけに生きている。過食症で外に出ない母、知的障害をもつ弟アーニーの世話に明け暮れる。
    そんなある日、旅を続ける少女ベッキーと出会い、その自由な生き方にギルバートは惹かれていく。

見所

  • 家族の束縛と愛情

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • ギルバート・グレイプ(男):ジョニー・デップ
    • ベッキー(女):ジュリエット・ルイス
    • ベティ・カーヴァー(女):メアリー・スティーンバージェン
    • アーニー・グレイプ(男):レオナルド・ディカプリオ
  • 監督:ラッセ・ハルストレム
  • 公開年:1993年
  • 製作国:アメリカ映画

5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 40 90.9%
4 点 2 4.5%
3 点 0 0.0%
2 点 0 0.0%
1 点 2 4.5%
投票総数 44 平均点 4.8




[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2018-06-17 (日) 17:51:02 (93d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社