ドラマ

ダンス・ウィズ・ウルブズ

ジャンル:ドラマ

名セリフ

  • 私の見たインディアンは見事な風貌だった。
    「白人の話はもういい。我々スー族より劣る奴らだ。白人なんかいくら来ようと笑って追い返してやる!白人の馬をいくら盗んでも自慢にはならん。やつらは馬に乗るのも銃を撃つのも下手糞だ。やつらはこの土地でひと冬も越せなかったぞ。奴らが栄えるか?奴らはじきに死に絶えるさ。あの馬鹿者は、どうせはくれ者さ」
    「"風がなびく髪"が言うように、白人は確かに我々よりも劣ている。だが、彼らは今に必ず我々を襲ってくるに違いない。ところで、あの男は大胆にもたった一人だ。きっとはぐれ者ではなく、何か力を持っているのではないか?白人の代表として、我々に話をしに来たのかもしれない。友好の協定を結べる相手かもしれん」
    「"蹴る鳥"の意見は賢明だ。だが、その男は我々に何の益をもたらす?我々の子供に食べ物をくれるのか?俺はそいつに矢を撃ち込もう!向こうに魔力があるのなら死なないはずだ。魔力がなければ死ぬまでだ」
    「他人を止める事はできないが、あの白人を殺すのは問題だ。一人殺すと、必ず仕返しに来るだろう」
    「いろいろ意見が出ると混乱する。どうすべきかを決めるのは難しい。もっと時間をかけて話し合おう。それがわしの意見だ」
  • "二つの靴下"と友達になったが、私の手からは食べなかった。その鋭い目と耳が私の警報となった。
  • 一人の男は、相手として戦いたくはない強そうな男で、正直で率直な印象を受けた。一方、"静かな男"は辛抱強くこちらに好奇心があり、私は好感を持った。かなりの地位を持つ男らしい。

ストーリー

  • 舞台は19世紀後半の南北戦争時代のフロンティア。主人公の北軍中尉ジョン・ダンバーは、自らの希望でサウスダコタのセッジウィック砦に赴任した。ジョン・ダンバーは、そこで当時恐れられていたインディアンに遭遇する。

見所

  • 雄大な自然と心の交流
  • 時代の流れに翻弄される人々の姿

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • ジョン・ダンバー|狼と踊る男(男):ケヴィン・コスナー
    • 拳を握って立つ女(女):メアリー・マクドネル
    • 蹴る鳥(男):グレアム・グリーン
    • 風になびく髪(男):ロドニー・A・グラント
  • 監督:ケヴィン・コスナー
  • 公開年:1990年
  • 製作国:アメリカ映画

5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 7 87.5%
4 点 1 12.5%
3 点 0 0.0%
2 点 0 0.0%
1 点 0 0.0%
投票総数 8 平均点 4.9




[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2016-03-10 (木) 20:56:03 (957d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社