ドラマ

チャーリーとチョコレート工場

ジャンル:ドラマ

名セリフ

  • この物語の主人公はチャーリー・バケットという名の普通の少年。足の速さも力も人並みで、頭の良さも普通であった。チャーリーの両親は、お金も地位も人脈もない上に、食べるものに困るほどの貧乏であった。しかしチャーリーは世界一の幸運をつかむのであるが、本人はまだ知らなかった。
  • 「インドの王子の話をしてあげたら?」
    「ポンディシェリー王子の話だね。そう、王子はウォンカさんに手紙を書いたんだよ。インドに来て巨大なチョコレートの宮殿を造ってほしいってね」
    「ハハッ」
    「"それでは部屋は100部屋、ミルクとブラックの2種類のチョコだけで造ります" 約束どおり、チョコレートのレンガを積んで、チョコレートのセメントで固めたんだ。壁も天井もチョコずくめなら、カーペットも絵も家具もみんなチョコでね。 "完璧なチョコの宮殿だね。" "溶けますのですぐに召し上がって下さい" "何を言うかね。食べるなんてもったいない。私はこの宮殿に住むんだよ" だが、忠告は正しかったんだ。間もなくじりじりと、焼け付くような日差しが続いて、宮殿はどろどろに溶けてしまったんだよ! 王子は電報で新しい宮殿を造るのを依頼したら、ウォンカさんのチョコ工場では大変な問題が起きてたんだよ。チョコレートの同業者のねたみを買ったんだ。彼らはスパイを送り込んでレシピを盗んでね。フィクグルーバーは溶けないアイス、プロドノーズは味の消えないガム、スラグワークはとてつもなく大きく膨らむ風船ガムとかね。盗みがひどくなる中、ウォンカさんはある日の朝、工場の従業員全てに帰宅を命じ、工場は永久に閉鎖されることになったんだよ "私はチョコレート工場を永久に閉鎖します。ごめんね"」
    「永久に閉鎖だなんて。今でも工場は動いているよ」
    「大人の言う"永久"はね、"ずっと長い間"っていう意味なのよ」
    「食事も永久に"キャベツスープ"だけなのかねえ」
    「お父さん」
    「本当に閉鎖されたの?」
    「永久に閉鎖なんだとみんなが思っていたよ。すると、ある日突然、工場の煙突から煙が上がって操業を再開したんだよ」
    「また働きに行けるの?」
    「いや、だれも働きに戻ってないね」
  • 「"世界中の皆さん。 ウィリー・ウォンカは、今年五人の子供たちを工場に招待します。 そして、その中の一人には特別賞を用意しています。 あっと驚く豪華な賞品です。" "五つの当たりを示す金のチケットは、板チョコの包み紙の下に隠されています。五つの板チョコは、世界中の町のどこかの店にあります"」
  • 「ウォンカさん、バイオレット・ボーレカードです」
    「あ、そう」
    「特別賞を取るのは私よ!」
    「そう、確かに自信は成功の鍵だね」
    「私はベルーカ・ソルトです。よろしく」
    「"ベルーカ"って、"足の裏のイボ"って意味だっけ?ハッ」
    「僕はチョコレート好きのオーガスタス・グループです」
    「僕もチョコレートが好きだよ。君と共通点があるとは驚いたね。 ええと、君はマイク・ティービーだね。計算でチケットを当てたんだよね。 それから君は、運良く来れただけ。そして残りの方達は子供達のりょ・・・」
    「両親で?」
    「そう、お母さんとお父さんですね。お父さん・・・ パパ・・・ それでは、先に進みましょう!」
  • 「人間なの?」
    「もちろん人間だよ。ウンパ・ルンパだよ」
    「ウンパ・ルンパ?」
    「ルンパランドの住人さ」
    「そんな所は無いはず」
    「何?」
    「ウォンカさん、私は地理の教師ですが、そんな名前の国は・・・」
    「それではどんなひどい国だか教えましょう。 その国はジャングルに覆われ、危険な猛獣がそこら中にいます。角つき獣や鼻ムチ獣、それにひどく大きい虫! 僕は香料を探しにルンパランドに来てました。でも、見つけたのはウンパ・ルンパでした。彼らは猛獣から身を守る為に、木の上に住んでいました。まずい緑色のイモ虫を主食としていて、混ぜて味を良くする材料を常に探していました。赤カブトムシやボンボン・ツリーの皮等を使ってね。イモ虫だけよりはましな味のスープのようでした。そして一番のごちそうはカカオ豆ですが、それは年に三、四粒しか見つかりませんでした。彼らには貴重な幻の豆です。彼らは夢中で探していました。 カカオ豆はチョコレートの原料ですね。そこで彼らと交渉しました。 "ウォンカの工場に住み込んでくれれば、カカオ豆が食べ放題になります。給料もカカコ豆で支払います"という条件でね。 彼らはとてもよく働きます。しかも、茶目っ気たっぷりで、冗談が大好きなんですよ!」
  • 「このエレベーターは、上下だけではなく、縦・横・斜めとどんな方向にも自在に動きます。ボタンを押せばひとっ飛びでね!」

ストーリー

  • 貧しい家庭の少年チャーリーは、世界一のチョコレート工場主であるウィリー・ウォンカ氏の特別招待に憧れていた。その招待券は、世界中のウォンカのチョコレートの中に五枚だけしかない。少年チャーリーはウォンカのチョコレートを苦労して手に入れるが、なかなか当たらない。

見所

  • 不思議で楽しいファンタジー
  • 家族愛

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • ウィリー・ウォンカ(男):ジョニー・デップ
    • チャーリー・バケット(男):フレディ・ハイモア
    • ジョーおじいちゃん(男):デヴィッド・ケリー
  • 監督:ティム・バートン
  • 公開年:2005年
  • 製作国:アメリカ・イギリス映画

5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 32 82.1%
4 点 4 10.3%
3 点 3 7.7%
2 点 0 0.0%
1 点 0 0.0%
投票総数 39 平均点 4.7




[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2016-06-11 (土) 20:49:16 (620d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社