ドラマ

ペーパー・ムーン

ジャンル:ドラマ

名セリフ

  • 「どうして私を送るの?」
    「えっ?」
    「どうして私を送るの?」
    「同じ方角だからね、アディ。ところで、町を出る前に寄る所がある。商売だよ」
    「ママとはどういう関係だったの?」
    「親しかったよ」
  • 「ママとバーで会ったの?」
    「どうしてそんな事を聞くんだい?」
    「伯父さんが、あなたがパパじゃないかって言ってた」
    「それは違うよ。ホットドッグを食べなさい」
    「あなたはパパなの?」
    「違うよ。薬味を取ってくる。もっとうまくなるぞ。気持ちはわかるよ。俺も早くに両親をなくしたからね。パパと言いたい所だけど違うよ」
    「バーで会ったのに」
    「だからといってパパとは言えないよ。さあ、早くお食べ」
    「パパじゃないのなら、200ドルを返して」
    「なんだって?」
    「200ドルよ。話は聞いてたわ。あれは私のお金じゃないの」
    「ちょっと待って」
    「あなたは私のお金を取ってるわ」
    「静かに!」
    「あの200ドルは私のよ!」
    「待てよ! あれには訳があるんだ」
    「パパなら別だけど」
    「違うよ。噂話を信じちゃだめだよ!」
    「似てるわ」
    「似てるもんか!まるっきり違う顔だよ。早く食べて」
    「顎が同じだわ」
    「誰でもだよ!」
    「可能性があるわ」
    「違う! 赤の他人だ」
    「じゃあ200ドル返して!」
    「顎が何の証拠になるんだ?カエルに似た女はカエルの親か?」
    「あなたはバーでママに会ったわ」
    「だからといって子供が出来るとは限らないよ!」
    「可能性があるわ」
    「そうかもしれないけど、俺は違う!」
    「じゃあお金返して!」
    「大声を出すな! 感謝の気持ちはないのか?確かに金は使ったが、俺にも分け前をもらう権利があるぞ。近所の奴が君のために1セントでも出したか? 誰が切符を買ってやった? 20ドル持たせて電報まで打ってやったのは誰だ? 俺は何の義理もないのに君の世話をしているんだぜ。君は親戚の所に行けて、俺は車を買い替えた。これで公平だよ。黙って食べろ!」
    「私の200ドル返して」
    「あの金はもうないよ。わかってるだろう?」
    「返さないと警察に言うわよ。あれは私のお金なんだから」
    「でも、もうないよ」
    「だったら稼いで」

ストーリー

  • 詐欺師のモーゼは、事故で亡くなった知り合いの娘アディを、ひょんな事から親戚の家まで送ることになった。モーゼは事故の示談金200ドルをせしめ、アディを汽車に乗せて別れようとしたが、アディはその顛末を聞いており、モーゼに対して200ドルの返還を迫った。

見所

  • 軽快なコメディ
  • 不器用な生き方と憎めない人々

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • アディ(女):テイタム・オニール
    • モーゼ(男):ライアン・オニール
  • 監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
  • 公開年:1973年
  • 製作国:アメリカ映画

5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 15 100.0%
4 点 0 0.0%
3 点 0 0.0%
2 点 0 0.0%
1 点 0 0.0%
投票総数 15 平均点 5




[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2018-03-08 (木) 22:37:30 (45d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社