ドラマ

告発

ジャンル:ドラマ

名セリフ

  • 「ヘンリー。どうしてある者は法を破って法の裁きを受けるのか?悪に逆らえず、その誘惑に負けたからだ。ある者は社会の法を守り、法の元で生きている。お前はその前者だ。 ヘンリー、ここでの私の仕事を知ってるか?お前をお前から守ってやる事だよ。お前はクズの中のクズの一人に選ばれたんだ。善良な米国市民がそう決めたんだよ。私が決めたのではない。お前をここに留めておくのが私の仕事だ。お前を更生させ、まともな模範囚にする為にね。それが私の仕事で、お前の仕事でもある。脱走をするのはお前の仕事ではない。この世では、ヘンリー。ある行動をすると、必ずその反動がくるんだよ。行動、そして反動だ。お前が脱走を試みると、私はここの仕事を失う。私には家族がいる!家族が路頭に迷うことになるんだぞ! まだ聞け。私の話がわかるか?お前が脱走しようとすると私の家族が迷惑するんだ! 私は職務に忠実なだけだ。これ以上罪を重ねず、法に従って生きることをお前に教えてやりたいね。まずは忍耐。痛みを耐え忍ぶ事だ。私はお前の存在に耐える。寛容と親切は混同しやすい事だが、親切と弱さも混同されやすい。だが、私は弱さを許さない」
    「わ、分かりました・・・ もう二度と、脱走はいたしません・・・」
    「本当か?」
    「行動と反動ですね、よく分かりました、副所長・・・ 行動と反動・・・」
    「ん。いいぞ。 いいぞ・・・」
    「ギャーァ・・・」
    「洗って穴蔵へぶち込んでおけ」
  • 「妹の事が今でも気がかりだよ。家族は家族だからね」

ストーリー

  • 事実を元にした映画。弁護士ジェームズは、アルカトラズ刑務所の殺人事件を担当していた。容疑者のヘンリーと話していくうちに、アルカトラズ刑務所での実態が明らかになっていく。

見所

  • 法の元の残虐性
  • 罪と真実

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • ヘンリー・ヤング(男):ケヴィン・ベーコン
    • ジェームズ・スタンプヒル弁護士(男):クリスチャン・スレーター
    • ミルトン・グレン副所長(男):ゲイリー・オールドマン
  • 監督:マーク・ロッコ
  • 公開年:1995年
  • 製作国:アメリカ・フランス映画

5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 14 82.4%
4 点 0 0.0%
3 点 0 0.0%
2 点 1 5.9%
1 点 2 11.8%
投票総数 17 平均点 4.4




[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2016-12-20 (火) 00:02:37 (523d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社