ドラマ

ジャンル:ドラマ

名セリフ

  • 「ジェルソミーナ! ジェルソミーナ! ジェルソミーナ、早く家にお帰り!ママがすぐ帰れって!大きなオート三輪車に乗った人が来てるよ!ローザが死んじゃったんだって!」
  • 「ローザを連れて行ったザンパノを覚えているだろ?かわいそうな娘だよ。お墓がどこだかもわからない。かわいそうに、死んでしまったんだよ・・・やさしい娘だったのに・・・どんなことでもよくできる娘だったわ・・・ ザンパノ、この娘も良く似てるだろ?ジェルソミーナだよ。本当に私たちは不幸だわ。ザンパノ、この娘はね、ローザと違ってとても従順なんだよ。言うこともよく聞くわ。少し変わり者だけど。毎日きちんと食事をすれば変わるわ。ジェルソミーナ、ローザをついでザンパノと行くかい?そうしたら、いくらかでもお金になるし、家でも口が減るんだよ。どう?ジェルソミーナ。ザンパノは親切で、お前は幸せになるよ。あちこちに行って見られるし。歌って踊って、しかもこれをごらん!1万リラもくれたんだよ!見てごらん、1万リラだよ!これで屋根も修理できるし、当分は食べられるわ。ところで、父さんはどこにいったのかねえ、ジェルソミーナ。お前は一人前なのに、働いた事がないわね。誰もお前がいけないとは言わないよ。ママを助けてくれるかい? ザンパノ、この娘を芸人にしてくれるかい?」
    「大丈夫さ。犬にだって芸を教えられるよ。子供たち、サラミを1キロと、チーズを半キロと、ぶどう酒を2本だ。さあ、買って来てくれ。早く、早く」
  • 「スープも作れないのか?」
    「作れないわ」
    「まるで豚の餌だ。舞台用の衣装があるぞ。靴も服もある。どれが似合うかな。優雅に動け。汚いなりの女とは仕事をせん。身なりをよくしろ。 "ザンパノが来たよ"と言え」
    「ザンパノが来たよ」
  • 「君の顔はおかしいな。それで女かい?まるでアザミだよ」
    「私はザンパノを待たないわ。皆に誘われたのよ」
    「やつと別れるいい機会じゃないか、ウハハハ! 明日、奴が出てきて誰もいない時の顔を見たいもんだ!ウハハハ! 絶対に別れた方がいいね!ウハハハ! 奴は野蛮人だよ。へへ、何の理由もないが、ついからかいたくなるんだよ、ウハハハ!なぜなんだろう?ウハハハ! 自分でも分からん。いつもそうなるんだ。ところで、どうしてザンパノと一緒になったんだい?」
    「母さんに1万リラをくれたのよ」
    「本当に?たったそれだけで?」
    「私は4人姉妹の長女なの」
    「奴を好きかい?」
    「私が?」
    「そうさ、君がさ。逃げないのかい?」
    「逃げようとしたわ。でもだめだったの」
    「君は変わってるねだめってどういうこと?奴がいやなら皆と行けばいいじゃない」
    「皆と行っても同じ事よ・・・ ザンパノと一緒にいたって変わりはないわ・・・ウッウッ どっちだって同じよ・・・ 私は何の役にもたたない女よ・・・ウッウッ いやだわ・・・ 生きることが嫌になったわ・・・ウッウッ」
    「料理はどうだい?」
    「え?」
    「料理は作れるのかい?」
    「いいえ・・・」
    「君は何ができるんだい?歌や踊りは? −すると、男と寝るのが好きか?」
    「・・・」
    「ウハハ、じゃあ何が好きなんだい? 別に美人じゃないし・・・」
    「私はこの世で何をしたらいいの?・・・ウッウッ」
    「ウハハ! 君とおれが一緒になったら、綱渡りを教えるよ。ライトを当ててやる。おれの車で巡業するんだ。世の中を楽しめる。どうだい? へへへ、それとも、いつまでもザンパノと一緒に苦労を続けるのかい?ロバみたいにこき使われながら。ウハハ! でも、お前もザンパノには何かの役に立ってるんだろ?ほら、前に逃げたときはどうだった?」
    「ひどく殴られたわ・・・」
    「奴はどうして君を引き戻したんだろう?わからん。おれなら一発で、逃げたお前を捨てているね。おそらく、奴は君に惚れてるんだ」
    「ザンパノが・・・ 私に?」
    「変かい? 奴は犬みたいなもんだ。お前に話しかけたいのに、吠える事した知らないんだよ」
    「それはかわいそうね」
    「そうだね、かわいそうだね。でも、君以外に誰が奴の側にいてあげれるんだい?おれは無学だけど、何かの本で読んだよ。この世の中にあるものは、何かの役に立つんだ。例えばこの石ころね」
    「どれ?」
    「どれでもいいんだ。こんあ小石でも、何かの役に立ってるんだよ」
    「どんな?」
    「それは・・・ おれなんかに聞いても分かんないよ。神様だけが知っているのさ。君が生まれる時も死ぬ時も、人間には分かんないことだよ。おれは小石が何の役に立つかは分かんないけど、何かの役に立ってるんだよ。もしこれが無益なら、すべてが無益さ。空の星だって、おれは同じだと思うよ。君だって、何かの役に立ってるのさ。アザミ顔のブスでもね」
  • 「ねえ、ザンパノ。どうして私と一緒なの?私はブスだし、料理も何もできないのに」
    「何を言っているんだ?早く寝ろ。おかしなことを言う女だな」
    「雨だわ。泊れてよかったわ・・・ ザンパノ。私が死んだら悲しい?」
    「お前は死ぬのか?」
    「前はこんな生活なら、死にたいと思ってたわ。今は、なんだか夫婦みたいね。小石でも役立つなら、一緒に暮らせばいいわ。よく考える必要があるわ。あなたはそういう事、考えない?」
    「考えねえ」
    「本当に?」
    「何を考えるんだ?こんなバカげた話はもうやめろ! 早く寝ろ。眠い」
    「ザンパノ。少しは私のこと、好き? プープルルル♪」
    「やめて寝ろ!」

ストーリー

  • 娘のジェルソミーナは、家族のために芸人ザンパノに1万リラで売られた。乱暴なザンパノは、ジェルソミーナをロバのように使う。ジェルソミーナはついに耐えられなくない逃げ出すが、ザンパノに見つかり連れ戻されてしまう。そんな時、ザンパノは喧嘩ざたで警察につかまってしまった。

見所

  • 不器用な生き方
  • 後戻り出来ない時間のせつなさ

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • ジェルソミーナ(女):ジュリエッタ・マシーナ
    • ザンパノ(男):アンソニー・クイン
    • 綱渡りピエロ(男):リチャード・ベースハート
  • 監督:フェデリコ・フェリーニ
  • 公開年:1954年
  • 製作国:イタリア映画

5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 39 83.0%
4 点 4 8.5%
3 点 2 4.3%
2 点 0 0.0%
1 点 2 4.3%
投票総数 47 平均点 4.7



無題

Adolf? (2013-10-23 (水) 16:34:27)



よい、やはりイタリアリアリズムか。



[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2018-10-27 (土) 19:15:33 (17d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社