ドラマ

once ダブリンの街角で

ジャンル:ドラマ

名セリフ

  • 「ありがとう。10セントも! いいんですか?」
    「どうしてですか?」
    「ごめんなさい」
    「これ、買います?」
    「ハハ、無理ですね」
    「今の歌は自分で作ったの?」
    「ええ」
    「コピーしたのではなくて?」
    「いや、自分で作ったよ」
    「どうして昼間にそれを歌わないの?」
    「昼間は、有名な曲を歌った方が稼げからね。自分の曲は夜にやるけど、誰も聴かないしね」
    「私は聴きたいわ」
    「でも、あなたがくれた10セントしか稼げない」
    「お金のために歌ってるの? お店で働かないの?」
    「働いてるよ。 演奏を続けるね。じゃ」
    「誰かのために書いた歌?」
    「いや、そうじゃない」
    「・・・ウソでしょ。恋人はどこにいるの?」
    「いなくなった」
    「お亡くなりに?」
    「いや、死んでないよ。去っていったんだ」
    「まだ愛してる?」
    「まだ聞くの?」
    「吹っ切れたの? いえ、違うわ。吹っ切れてたら、そんな歌は書けないわ。その人に聴かせたら、きっと戻ってくるわよ」
    「そうは望んでないよ」
    「そう。仕事は何をしているの?」
    「フーバーの修理」
    「フーバー?」
    「掃除機だよ」
    「直せるの?」
    「できるよ」
    「うちの掃除機、壊れてるの。直してもらえる?」
    「いいよ」
    「明日でいい?」
    「いいよ」
    「よかったわ。明日来るわね」
    「了解」
    「じゃあ、バイバイ」
    「じゃあね」
  • 「ロンドンに一緒に行こうよ。もっと歌って、娘さんと一緒に住もうよ」
    「ロンドンに行って、過去とさよならする訳?」
    「そうさ。バンドを組んだら、どこでも大うけさ」
    「そして私達のアルバムを作るのよ」
    「そう、いいね」
    「私はバックで歌う」
    「ピアノも一緒にね。僕は真剣だよ」
    「私の母も一緒に行っていいの?」

ストーリー

  • 舞台はアイルランドのダブリンの街角。ある夜、ストリート・ミュージシャンの男は、誰も聴いてくれない自作の歌を歌っていると、それに興味を持った雑誌売りの女に出会った。

見所

  • 音楽が結ぶ感動と触れ合い
  • それぞれの道

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • ストリート・ミュージシャン(男):グレン・ハンサード
    • チェコからの出稼ぎ者(女):マルケタ・イルグロヴァ
  • 監督: ジョン・カーニー
  • 公開年:2006年
  • 製作国:アイルランド映画

5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 6 100.0%
4 点 0 0.0%
3 点 0 0.0%
2 点 0 0.0%
1 点 0 0.0%
投票総数 6 平均点 5




[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2012-08-27 (月) 20:30:03 (2098d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社