恋愛

カサブランカ

ジャンル:恋愛もの

名セリフ

  • 『第二次世界大戦の勃発により、ドイツの侵略を恐れたヨーロッパの人々は、アメリカ大陸を目指した。だが、中継地のリスボンまで行くのが困難であった。亡命者達がたどったのは、苦しい回り道であった。パリからマルセーユ・・・ 地中海を渡ってオラン・・・ そこからは、汽車か自動車か徒歩で、フランス領モロッコのカサブランカへ行った。ここで運のいい者は、金かコネによって、リスボンへの出国ピザを手に入れられた。だが、多くの者はカサブランカで、待って待って待ち暮らすだけであった』
  • 「君は何者で、今まで何をしてたんだい?」
    「聞かない約束よ」
    「君の瞳に乾杯」
  • 「何を考えてるの?」
    「1フランほども価値がないことさ」
    「いくら出しても聞きたいわ。教えて」
    「不思議に思ってたんだ」
    「何を?」
    「君が僕だけのためにいたなんて」
    「他の男とは関係なしに?」
    「そうだね」
    「本当は、1人いたのよ・・・ 彼は死んだわ」
    「聞いてすまなかったね。約束を忘れていた」
    「お互いに、もう疑問なしね」
  • 「わたしたち、ほとんど知らない同士ね」
    「君が歯を矯正したことは知ってるよ」
    「早く逃げる支度をして」
    「いや、君も一緒だよ」
    「もちろんよ」
    「じゃあ、4時半に迎えに行くよ」
    「だめよ、ホテルにはいないわ。先にすることがあるの。駅で待ってて」
    「いいよ。4時45分だね。マルセーユで結婚しよう」
    「そんな先のこと・・・」
    「そうだ、先すぎる」
    「車掌に結婚させてもらおう。船の船長にはできるんだから。どうしたんだい?」
    「愛してるのよ。この戦争が恨めしい。何が起こるか分からないわ・・・ もし何かが起きて離れ離れになっても、私が愛してる事だけは忘れないで・・・ キスして・・・ 最後かもしれないから」

ストーリー

  • 舞台は第二次世界大戦最中の、フランス領モロッコのカサブランカ。リックは酒場の「カフェ・アメリカン」を経営していた。そこへ、ラズロの人妻であるイルザと出会う。リックとイルザは、かつてパリで愛し合っていた。

見所

  • ハードボイルドな愛のセリフの魅力
  • 戦争に翻弄される愛

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • リック(男):ハンフリー・ボガート
    • イルザ(女):イングリッド・バーグマン
    • ヴィクター・ラズロ(男):ポール・ヘンリード
    • ルノー(男):クロード・レインズ
  • 監督:マイケル・カーティス
  • 公開年:1942年
  • 製作国:アメリカ映画

5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 15 83.3%
4 点 3 16.7%
3 点 0 0.0%
2 点 0 0.0%
1 点 0 0.0%
投票総数 18 平均点 4.8



すばらしすぎる

たかし? (2008-07-22 (火) 16:13:10)



こんないい映画はない。恋愛栄華としても最高だし、

その他の点においてもすばらしいの一言。

ドイツ国歌がラ・マルセイエーズに変わるシーンは感動する。



[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2019-05-29 (水) 01:37:43 (111d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社