恋愛

バッファロー’66

ジャンル:恋愛もの

名セリフ

  • 「何だ?」
    「なんでもないです」
    「見るな」
    「見てないです」
    「俺に説教する気か? 覗くな!」
    「でかいね」
    「ぶつくさぬかすな! この野郎! トイレから出て行け! このオカマ野郎! 消えろ! 畜生! フッー、畜生、小便が出ねえ! あいつ、ぶっ殺してやる! 腐ったオカマ野郎!」
    「下品ね」
    「何だと? 文句あんのかよ! このくそ女! あー、ちょっと! 25セントある?」
    「あるわ」
    「貸してくれないか?」
    「ええ」
    「貸してくれる?」
    「お礼は?」
    「何?」
    「"ありがとう"と言わないの?」
    「何? お母さん。僕だ。ビリーだよ。ビリーだよ! 息子のビリーだってば! テレビの音を下げろよ! ビリーだよ。訪ねると言ってただろ?やっと町に着いたんだ。 市内の高級ホテルに今いる。そう、大きいホテルだよ。 そう、部屋は大きくて立派だよ。もちろん綺麗さ。高級ホテルだからね。 いや、来なくていいよ。こっちから行くから。今から行くよ。 その試合は何時に終わるの? わかった。5時に行くよ。 いや、妻は行かないよ。 分かんないよ。体調が悪いんだと思うよ。どうして体調が悪くなったか分かんないけど、飛行機に乗るといつも気分が悪くなるんだ。たぶんファーストクラスで食べ過ぎてるからだと思うよ。 妻は寝てるんだ。起こさないようにロビーで電話してるんだ。 だから言っただろ?話聞いてる?病気なんだってば! 部屋に行って叩き起こせって言うの? ひどい親だね。病人を連れて来いと?そんなに会いたいの? いや、ベッドから引きずり出して連れていくよ。わかった?顔を見せるから。行くからね。 連れていけばいいんでしょ? じゃ」
  • 「きっと戻って来てね」
    「約束するよ」
    「ビリー。あなたは世界で一番やさしい人よ。それにハンサムだわ。 愛してるわ」

ストーリー

  • 刑務所から5年後に出所したビリーは、故郷の両親の所に戻ろうとしていた。ビリーは刑務所にいたことを両親には言わず、政府の仕事をしていて妻がいると嘘をついていた。金と嘘に困ったビリーは、ダンス教室でたまたま会ったレイラを拉致し、両親の前で妻のふりをするように脅迫した。

見所

  • 孤独と愛情
  • 風変わりで純情な恋愛

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • ビリー・ブラウン(男):ヴィンセント・ギャロ
    • レイラ(女):クリスティーナ・リッチ
  • 監督:ヴィンセント・ギャロ
  • 公開年:1998年
  • 製作国:アメリカ映画

5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 10 100.0%
4 点 0 0.0%
3 点 0 0.0%
2 点 0 0.0%
1 点 0 0.0%
投票総数 10 平均点 5




[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2018-09-06 (木) 12:05:48 (47d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社