恋愛

風と共に去りぬ

ジャンル:恋愛もの

名セリフ

  • 騎士道が花咲き、綿畑の広がるその土地を、人は"古きよき南部"と呼んだ。その美しい世界にかつて生きた、雄々しい男たち あでやかな女たち そして奴隷を従えた支配者たちも、今ではすべて夢− 人の心にのみ残る− 風と共に去った時代である
  • 「つかまって息を吸って!」
    「お食事を持ってきましたよ」
    「いらないわ。持ってって」
    「食べなくては。軽い食事ぐらいはね」
    「イヤだったら! 早くドレスを着せて」
    「どれを?」
    「それよ」
    「昼間は胸を出しちゃなんないんですよ。・・・ ではお母様に」
    「言いつけたら食べないから!」
    「わかったですよ。 肩掛けは外さないように。またソバカスが出ますよ。 約束ですよ、少しは食べて下さいね」
    「イヤよ! 胸がいっぱいなの。それに食事はあちらでするんだから」
    「世間体を考えてください!人様の前では小鳥のように食べるのが淑女ですよ!パクついては評判が落ちますよ!」
    「アシュレーは健康な食欲は魅力だって言ってたわ」
    「殿方の口と腹は別物ですよ!お嬢様に求婚されたのです?・・・ 急いで食べて詰め込むと逆戻りしますよ!」
    「女って損だわね」
    「スカーレット! 十数えるうちに来ないと置いていくぞ!」
    「今行くわ! コルセットのせいで胸が苦しいわ」
  • 「ねえ、あれは誰?」
    「こちらを見てる人。いやらしいわ」
    「レッド・バトラーよ。評判のよくない人だわ」
    「あの目つきったら、私を裸にしているみたい」
    「あの人、身内からもつまはじきにされて北部で暮らしてたのよ。士官学校も退学処分だし、女を捨てた一件でも有名よ」
    「教えて!」
    「日暮れに娘と二人きりで馬車で出かけておきながら、結婚を断ったのよ。・・・・・・ いいえ、どのみち傷物ってわけ」
  • 「幸せかい?」
    「とても」
    「君は初めからここの人のようだ」
    「あなたの好きなものは私も好きよ」
    「ここを愛してくれる?」
    「もちろん! ここは私にとって優雅で美しいわ。あこがれの世界だわ」
    「今が永遠に続けばよいが」
    「戦争を心配なさってるのね。大丈夫。二人の世界には戦争も入り込めないわ。何が起ころうとあなたを愛し続けます。死ぬまで」
  • 「戦争か?」
    「なぜそこで黙ってらしたの?」
    「美しいラブシーンを邪魔するのも不粋だ。大丈夫、秘密は守る」
    「紳士じゃないわね」
    「あなたも淑女じゃないな。そこが魅力だ。淑女は面白味がない」
    「私を侮辱する気なの?」
    「ほめてるんだ。私と合いそうだ。アシュレー君よりね。弱虫には過ぎた女さ。何せ"燃える情熱"だ」
    「少なくとも彼は紳士だわ!」
    「ハッハッハッ、大嫌いなっはずだったろ?」
  • 「どうしたの?」
    「馬を休ませよう。どう?」
    「気絶なさってます」
    「今の場合はそのほうが楽だ。まだ強行軍を続ける気か?」
    「きっとやり通せるわ」
    「ではやるんだな。おれは降りる」
    「どこへ行くの?」
    「軍隊に志願する」
    「また冗談を!脅かさないで」
    「本気だ。栄誉ある南軍に入れてもらうさ」
    「もう負けたのよ」
    「まだ最後の決戦があるはずだ。遅まきながら手伝いたい」
    「うそつき!」
    「自分勝手を押し通す君には大義など意味ないな」
    「こんな仕打ちはひどいわ!なぜ今になって行くの?」
    「弱い者に味方したくなる癖があってね。罪滅ぼしか・・・ 分からん」
    「かよわい女をほうり出すの?」
    「かよわい?ハッハッハッ 君に出会う北軍こそ災難だ。降りて別れのあいさつを」
    「行かないで! 行ったら許さないから!」
    「我ながらこんな行為は愚かと思うよ。弾丸に当たったらそれは天罰だ。だが、君への愛は本物だ。世界が砕けようとこの愛は変わらない。おれたちは似ている。利己的だが自分を主張する強さを持っている」
    「放してよ!」
    「おれを見ろ。こんなに女を愛したのは初めてだ。こんなに我慢強く待ったのもだ」
    「やめて!」
    「この南軍の一兵士を抱いてくれ。キスで戦場に送ってくれ。死にゆく男にせめて美しい思い出を。スカーレット、キスを」
    「下劣な男ね!うわさ通りだわ、あなたは紳士じゃない!」
    「紳士じゃなくて結構。馬泥棒はこれで。誤って馬を撃つなよ」
    「さっさと行って!弾丸に当たって吹っ飛べばいいわ!」
    「希望に添うようにしよう。死んだら少しは悲しんでくれよな」
  • 「神様、お聞き下さい!この試練に私は負けません!家族に二度とひもじい思いはさせません!生き抜いてみせます!たとえ盗みをし人を殺してでも! 神様、誓います!二度と飢えに泣きません!」
  • 「私は人殺しね。考えるのは明日にするわ」
  • 「リンカーンもまき割から始めた。僕にもできるさ」
    「税金が300ドルになるらしいの。私たち一体どうなるの?」
    「文明が滅びる時人々はどうなるか?勇気のある者は生き残り、ない者は消え去るよ」
    「哲学を語っている場合じゃないわ。消えるのは私たちよ」
    「タラが危機に瀕しているのに空論しか語れない。ぼくは何一つ援助できない。僕は臆病者だ」
    「臆病者?何が怖いの?」
    「人生が現実として迫ってきた。まき割りは苦にならないが、過去の美しかった日々がもう戻らないと思うとね。戦争さえなければ静かな人生が送れたろう。だが戦争は起こり、多くの友人は飛び散り僕も冷酷に敵を殺した。僕は今、生き地獄をさまよい、孤独にうめいている。君は恐怖を抱いたことなどないだろう。現実に挑み、僕のように逃げたりしない」
    「逃げない? 違うわ私も逃げたい。もう疲れ果てたわ。耕したり綿を摘んだりはもうたくさん!南部は死んだのよ。すべてを北部に奪われてしまったわ! アシュレー、メキシコへ逃げましょう。そして二人で暮らすのよ。あなたのためなら何でもするわ。あなたが愛してるのは私だって言ったでしょう?それにメラニーはもう子供を産めないのよ」
    「昔のことは忘れるんだ」
    「忘れられないわ。あなたも私を愛してるのに」
    「愛していない」
    「うそよ!」
    「メラニーと子供を捨てられると思うか!君は父上や妹を捨てられるか?」
    「できるわ!あなたのためなら・・・」
    「君の心境はよく分かる。一人で家族を支えてきた。今後は僕も手伝うよ」
    「それより連れて逃げて!誰にも遠慮はいらないわ!」
    「そうか・・・ 誇りはどうなる?・・・ スカーレット、お願いだ。泣くのはやめて。泣きやんで元気を出して」
    「私を愛しているくせに・・・そう言って!」
    「いけない、僕は家族を連れてタラを出る」
    「愛していると言って!」
    「僕は君の勇気を愛している。だからもう少しで妻や子を忘れそうだった。僕には妻子がいるんだ!」
    「じゃあ・・・ 私はもう終わりよ。 戦う目的も生きる望みもないわ」
    「いや、あるとも。僕より愛しているものが君にはある。 タラだ」
    「そうだったわ。行かないで。恨んでひもじい思いをさせたりしないから。二度と取り乱さないわ」
  • 「お前なしでは生きていけん」
    「こんな時にそんな破廉恥な・・・」
    「オークス屋敷で出会った時にこの人だと決めたんだ。だがおれの金が必要ないから君から会いには来ない。だから結婚するしかない」
    「何て悪趣味な人!」
    「ひざまずいてすがろうか?」
    「汚らわしい!帰って!」
    「事を急ぎすぎて大事な方を仰天させたかな?あなたに抱いていた友情が愛情へと変わって参りました。美しく純粋で神々しく、これぞ真の愛ならん」
    「下品な冗談は聞きたくないわ!」
    「これは名誉ある求婚だ。今こそチャンスだ。亭主が死ぬのを待つのはもう飽きた」
    「下品なうぬぼれ屋ね!何も聞きたくないわ。もう結婚なんてしないわ」
    「いや、おれとするんだ」
    「愛してもないあなたと?結婚生活はもうイヤ」
    「遊びのつもりでどうだ?」
    「遊び?男はそうでしょうけど。外に聞こえるわ」
    「これまでの相手は役不足だった。本物を試してみろよ」
    「バカな人ね、あなたなんか愛せないわ」
    「つまらん意地を張るな。聞きたくない」
    「気絶しそう・・・」
    「して当然だ。こんなキスをした男がいたか?チャールズやフランクやアシュレーとは違うぞ。・・・ 結婚すると言え」
    「するわ」
    「本当か?取り消さないか?」
    「いいえ」
    「おれを見て正直に答えろ。金が目当てか?」
    「まあ、それもあるけど・・・」
    「けど何だ?」
    「あなたが嫌いじゃないし」
    「嫌いじゃない?」
    「思い焦がれていると言えばうそになるわ。私たちは似てるし・・・」
    「似た者同士だ。おれだって命がけで愛してるとは言わん。どんな指輪がいい?」
    「ダイヤがいいわ!大きいの」
    「アトランタで一番大きいのを買おう。新婚旅行は派手にニューオリンズだ」
    「まあ、楽しみ!」
    「花嫁衣装も新調しよう」
    「まあうれしい!でもそれは内緒よ」
    「見栄を張るな」
    「さよならのキスは?」
    「本日の分は終わりだ」
    「意地悪ね。もう来なくていいわ」
    「参りますとも」
  • 「別れるなんてイヤ!どうしたら戻ってくれるの?考えつかないわ、頭が変になりそう。明日考えるわ」
  • 「タラ! 故郷よ・・・ 彼を連れ戻す方法は故郷に帰って考えるわ! 明日に望みを託して」

ストーリー

  • 舞台は19世紀のアメリカ。主人公は南部のジョージア州タラの気性の激しい女性スカーレット・オハラ。
    スカーレットは失恋した矢先、同じような気質の男レット・バトラーに出会う。レット・バトラーはスカーレットに惚れるがスカーレットは拒否をする。やがて、南北戦争が激化しスカーレットの家族たちは翻弄されていく。

見所

  • 現実に翻弄される愛
    激動の時代の中力強く生き抜いていく人々の姿

キャスト・スタッフ・公開年

  • 出演:
    • スカーレット・オハラ(女):ビビアン・リー
    • レット・バトラー(男):クラーク・ゲイブル
    • メラニー・ハミルトン(女):オリビア・デ・ハヴィランド
    • アシュレー・ウィルクス(男):レスリー・ハワード
  • 監督:ヴィクター・フレミング
  • 公開年:1939年
  • 製作国:アメリカ映画



5点満点とするとあなたの評価は?

選択肢 得票数 得票率 投票
5 点 16 100.0%
4 点 0 0.0%
3 点 0 0.0%
2 点 0 0.0%
1 点 0 0.0%
投票総数 16 平均点 5

[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語
ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2017-12-14 (木) 19:56:46 (699d)

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社